男のシンクロ『ウォーターボーイズ』

矢口史靖監督妻夫木聡主演の2001年度作品です。男子高校生たちのシンクロナイズドスイミング。大ヒットしてその後続編TVドラマなどができた最初の作品。実話が元で、それが自分の地元ということでよけいに愛を感じるのかも知れません。

部員は鈴木智(妻夫木聡)ただ一人という廃部寸前の男子高校水泳部に、美人教師・佐久間恵が顧問に着任したら、部員は30人に激増したのですが、佐久間が教えたかったのはシンクロナイズドスイミング。恐れをなした多くの部員たちは逃亡。しかし取り残された部長の鈴木以下5人は泣く泣く学園祭に向けてシンクロをやる羽目になります。が佐久間は妊娠によるつわりで休職してしまい、その後5人だけで練習を重ね、すったもんだの挙句、学園祭で大成功、ついでに鈴木の恋も実り、めでたしめでたしの青春映画です。

この後確か女子高校生によるバンドの、似たような映画、つまり『アホな学生たちが最初反発しているのだが頑張って最後は大成功』の青春ドラマも作られ、それもそれなりに良かったですが、やはりこの年頃の男子の『単純さ』『アホさ』『純粋さ』には敵わないと感じました。やはり女は男に比べてどうしても複雑なのです。

彼らの頑張り、真面目さ、純粋さ、バカっぷり…どれもがやがては失われてしまうこの年頃特有の美しさであるがゆえ、キラキラと眩しく、最後の学園祭での演技シーンでは、男子ならではのダイナミックさも溢れており、映画(DVD)を観ているこちらも「よくやった」と一緒になって拍手をしてしまうほどです。改めて、何かをやり遂げようと真剣に頑張っている姿は美しいし、またやり遂げた彼らの顔もピュアな自信に満ちており可愛らしい。アホでバカで真剣で純粋な青春の一コマです。