迫力満点な映画

『ミュータントタートルズシャドウ』では、「乱暴者でタフガイ」とされるラファエロ(若干、紫みを帯びた赤色の鉢巻がトレードマーク)が空から飛び降りる姿が迫力満点な映像となっており、個人的には見ていて爽快感が感じられました。

 飛行中の飛行機から飛び降りるというシーンは、アクション映画においては「度肝を抜かれるシーン」として定番となっています。楽しみながら飛び降り行為をするキャラクターに関しては、見る人は度胸があり過ぎる人という印象を強く感じるに違いありません。

 飛び降りる理由が、「一人は皆のために」というのであれば、勇敢な行為として賞賛されるでしょう。映画で見掛けるスタント行為は、度胸があるだけでなくてアクション映画には欠かせない要素にもなっています。

 スタントをこなす俳優に関しては、一定数はいるようです。例えば、イタリア系とアフリカ系の混血の俳優で映画監督としても名高い、「ヴィン・ディーゼル」(本名・マーク・シンクレア・ヴィンセント。ヴィンは、ヴィンセントに因んだ芸名)が思い浮かぶでしょう。

 大型輸送機から、車に乗ったままダイブをする『ワイルドスピードスカイミッション』は、ヴィンの迫力あるスタントが楽しめる作品となっています。車を走行させながら建物内に進入したりするシーンは、映画館でなくても楽しめる内容となっています。

 映画館では、3D以上に楽しめる場合として、演出として座席が可動したりする、スリルが楽しめるタイプがかなり好評だったそうです。スタント行為をこなせるヴィンだけでなくて、プロレスラーでもあるドウェイン・ジョンソンの演技についても迫力満点となっています。