映画デッドプールについて

http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/
この映画は主に主役となるのがウェイド演じるライアンレイノルズです。

そしてこちらではある日ウェイドは病気にかかってしまい自分の命が残り少ない事を知らされます。

そして落ち込む中ある時にウェイドは一人バーでお酒を飲んでいるとある男性と出会いそこである実験を受けると病気を治す事が出来ると言う事を言われるのです。

この時ウェイドには大切な女性がいた事から治る事ならと受ける事に、それで完全に病気も治り新たな力が備わる事になります。

これで死を恐れる事はなくなったウェイドでしたがそれを手にした代わりに体は全身酷い火傷状態になってしまったのです。

こんな状態ではとその後人目をさけながら考えるウェイドはある事を思いつきます。

それは怪我をしても赤だと目立たないと言う事で赤いコスチュームを自分でつくる事になります。

そして誕生したのがデッドプール、これ見た目はちょっとスパイダーマンに少し似ている感じです。

またデッドプールとして新たに動きだしたウェイド、悪を退治する為敵と思われる人物をどんどん倒していく事となるのです。

ただ何故か痛めつけるだけではなく殺してしまうところが少しヒーローとは違うところでもありました。

これは人の為に戦っているのではなく自分の為にやっつけている感じですね、なので観ているとちょっと酷な部分もありつつですがまた違った面白さもありました。

何んといってもまず死なない事、例えば自分の体の一部を切ったら時間はかかりますがちゃんと再生するのでいつまでも戦い続ける事が出来ます。

またコスチュームも着用している時としていな時ではがらっと性格が変わるところとかそのギャップも良かったところです。

ちょっと変わったキャラが出て来たなと言う感じでなんか新しい感じもしました。

こちらですが続編もあるような事が言われていたのでちょっと気になる映画でもありました。